ケムリ研究室 no.1『ベイジルタウンの女神』感想

広告
基本情報
  • 収録日:2020年9月24日 (WOWOWにて視聴)
  • 会場:世田谷パブリックシアター
  • 公式サイト:株式会社キューブケムリ研究室 no.1『ベイジルタウンの女神』
  • 作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、主催:株式会社キューブ
  • 出演:緒川たまき、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、望月綾乃、大場みなみ、斉藤悠、渡邊絵理、荒悠平、高橋美帆、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子

ケラリーノ・サンドロヴィッチ×緒川たまきのユニット「ケムリ研究室」の旗揚げ公演。
2020年9月というコロナによる制限も厳しい中、無事に全公演を終了したそうです!

WOWOWの放映では、出演者やケラさんのインタビューもあり、いろいろな制作裏話が聞けました。
コロナの影響のつらい時期のこともあり、だからこそ、いつもよりも辛辣さを減らして実際に舞台に足を運んでみる喜びを楽しめる舞台を作成したとのこと。
その通り、往年のハリウッドラブコメディ映画を思い出す王道でハッピーなお話でした。マーガレット(緒川たまき)の登場時の服がマイフェアレディっぽく、音楽や、映画のオープニングやエンディングのような演出などなど。
同じ基本の舞台セットですべての場面をうまく作るプロジェクションマッピングの使い方や、アニメと実際の俳優との絡み、ドライブシーンの流れなど面白いですね。

インタビューによると、初めての通し稽古がゲネプロですぐ本番だったとか!この作品、タイミングをとるの難しいだろうに、すごいです。

ちなみに、女性陣の楽屋ではお菓子など食べながら女子トークしていたそうですが、男性陣の楽屋では「飲みたいね~。」って話題だったとか。うん、お菓子も好きだけど、絶対私も飲みたいね~って思うわ。

2023年10月には、第3弾の新作公演が決定していますね。こちらも楽しみです。

吉岡里帆×松下洸平の若いカップルが、劇団の中でも若い二人という感じなんだろうなあ、初々しくてかわいかったです。吉岡里帆さんは、ずっと男子受けの良いアイドルというイメージだったのですが、もともと小劇場の舞台など色々立ってるんですね。こんなに堂々とした演技で舞台慣れしてるのかあと、すみません!見直しました!

広告
演劇
広告
この記事を書いた人
マイレポシアター

夫と猫と暮らす50歳を過ぎて舞台にはまり始めたにわか演劇ファン。
もともと洋画好きだったのですが、最近日本のドラマや舞台もどんどん見るようになりました。ほかの趣味は一口馬主、ゴルフ、フィギュアスケート観戦、温泉など。身長159cm(座席見え方のご参考に)。体重5.9kg(猫)。東京在住。

マイレポシアターをフォローする
MY REPO – THEATER マイレポシアター

コメント

タイトルとURLをコピーしました