実際に行った中目黒キンケロ・シアターの行き方、見え方、お勧め座席

広告
基本情報

愛川欽也さんとうつみ宮土理さんが、俳優として芝居のやりやすい劇場、客にとって観やすい劇場、そしてスタッフが仕事にしやすい劇場として作った中目黒の目黒川そばにある小劇場です。

広告
広告

概要:中目黒キンケロ・シアターってどんなところ?

アクセス:最寄り駅は?歩いて行ける?

東急東横線・東京メトロ日比谷線の中目黒駅から、歩いて10分ほどで行けます。
目黒通りと目黒川は並行していますので、どちらでも渋谷方面に歩いていき、目黒川を一本入ったところにあります。開けているので近くに行ったら劇場の看板が目に入ります。
目黒川は気持ちが良いので、ぜひ近くを散策がてら歩いてみてください。

中目黒駅(東急東横線、東京メトロ日比谷線)~中目黒キンケロ・シアター

目黒通り沿いにはコンビニなどがあります。裏手に行くと案外何もないので、飲み物などは駅や目黒通り沿いで調達をするのがよいかな。劇場に自販機もあります。

施設:トイレやロッカーは?

ロビー・概要

この日は公演内容に合わせてのれんが出て、スタッフの方も作務衣を着ていました。

ロビーから階段を上ると客席入口で、階段を下るとトイレです。
2009年にできた明るくおしゃれな劇場ですね。

トイレ

ロビーから階段を少し先にあり、3室。広々して綺麗なトイレです。

ロッカー

ロッカーはなかったです。

座席:キャパ、見え方はどんな?おすすめは?

133席。座席表はこちら
横は1~15 縦はA~J列です。

新しい小劇場でとてもきれいですね。段差はA列から2段あり、20cmとのこと。
段差がとても多いというほどではありませんが、前方が男性でも見えないところはありませんでした。
H列の上から、ライトなどでしょうか天井の梁がありますが、こちらも上演中気になりません。
音はあまりマイクが入っていないのかな?やや皆さん張りがちでしたが、聞こえにくいことは一切なく。後方や端でもしっかり見えますので、あとはお好みで。

観に行った公演

『CHICACO』2023年4月21日(金)夜公演 Team Rantan

撮影タイムでの割烹スタッフ3人娘

I列サイドブロックでした。ほぼ最後方ですが、この規模の会場なので、全体が良く見えてよかったです。
一方、まだ座席にアクリル板とビニールがかかっていて。
せっかく段差のある座席なのですが、椅子の背についているアクリル板が半透明な感じなので見えにくく、同じく半透明になるビニールをかけている棒が邪魔で…5月8日以降は無くなっているとよいですね。情報有りましたら、ぜひコメントください。

広告
劇場・会場
広告
この記事を書いた人
マイレポシアター

夫と猫と暮らす50歳を過ぎて舞台にはまり始めたにわか演劇ファン。
もともと洋画好きだったのですが、最近日本のドラマや舞台もどんどん見るようになりました。ほかの趣味は一口馬主、ゴルフ、フィギュアスケート観戦、温泉など。身長159cm(座席見え方のご参考に)。体重5.9kg(猫)。東京在住。
先日病院で「肥満」と言われてしまったので(猫)ダイエットしなくてはなりません…7/20:5.7kg→10/26:4.9kgになりました!だいぶハードなダイエットをがんばりました。目標達成したのでご飯の量をちょっと戻してます。キープできるか!?

マイレポシアターをフォローする
MY REPO – THEATER マイレポシアター

コメント ご質問や情報提供、ご意見などお気軽に!

タイトルとURLをコピーしました